Yilbegan

暗くて見にくいけど、いるべがんさん。

b0095020_345463.jpg


結果を書いてしまうと二回やって二回とも、

対象との距離が離れすぎたため、
ノートリアスモンスターは消え去った……。

とのメッセージがでて消えて終了という悲しい結果に(´Д`;)ヾ
特に二回目はHP確認できたひとによると、
残り3割はきってたらしいのでとてもとても不完全燃焼。
沸かした人間が離れすぎるとアウトらしいので、
私はとんでもないことをしてしまったかもしれない、てへっ!
ただ、ベルザンとかやってるときにかなり遠いとこの雑魚でTP貯めしても、
消えたりはしなかったのでそれ以上離れたとは考えにくいため、
どうも仕組みがよく分かりにくい。
イルベガンが特殊なのかもしれないけど、
離れすぎないことを意識しないと消しちゃうので注意。

とりあえず反省と次回やるときのために考察

サポ忍防御食ナイト(土杖でトータル物理カット35%くらい、防御600くらい?)が
通常攻撃の被ダメで300弱程度。
背後に立ったときに主に打ってくるダンシングテールが平均500強で、
蝉が完全にはげてるときに食らったと思われる最大ダメが1188。
蝉がまわしにくいらしいのでサポ戦ディフェとの選択になると思うのですが、
どっちがいいんだろう。
個人的には相当な装備が揃ってないとサポ忍のが良い気がします。
ただし、厚く保護できるならまだ防御上げる意味がありそうなので、
ヘイトも不意玉キャノンでもらえることだしサポ戦のが事故りにくいかも。
あと、どちらかというと赤盾向きかも。

今回の失敗点として
タゲをとってる人間が背後に立っていれば基本的にダンシングテールしかこないのですが、
ダンシングテール自体がそこそこ痛いため、
タゲとってないナイトを横に配置してケアルヘイトを稼いでもらっていて、
そのヘイトでタゲが移ったときにふっとばし判定のある、
シニスターウィングや、デクスターウィングを発動させてしまってイルベガンの向きが変わり、
おそらく正面にタゲをとった人間がいる場合にしか使わない、
ブレクガ、ソウルダウス(前方範囲死の宣告)などを発動させてしまいいろいろグダグダに。

次回やるときは蝉はげてなければそれほどダンシングテールは怖くないので、
横には行かず盾は全員イルベガンの後ろ固定。
ガ系をもらって蝉がはがれたときだけタゲ持ち以外は、
ダンシングテールをもらわない横に移動し蝉張り直したあとに後ろに移動。
ここら辺を徹底すれば通常時のタゲグダグダはなさそう。
イルベガンからモヤモヤがでてるときは消せないバイオとかあったり、
なぜかヘイトが落ち着かなかったりとなかなか難しいけど。

つき合わせた皆様、おそくまでありがとうございました。
そしてごめんなしあ。
無駄に黒く染まったやつがまだ二つ残ってるのでまた拉致しますヨロシク。
[PR]
by demantoid444 | 2010-04-12 04:36 | アビセアン