Phoenix鯖 ごむの日記


by demantoid444

二刀流

レベルキャップ解放について (2010/08/25)
新たに習得するジョブ特性
・シーフ 二刀流

ウヒョーktkr

と小躍りしそうになったんですが、あからさまでも恥ずかしいので冷静を装ってエインLSのみんなと会話してみる。
そしたらね

「どうせ蝉張らなきゃいけないからサポ忍だし」
「モクシャがないと」

あれ・・・?
なんかみんなネガティブだぜ。
ものすごい強化されることが予定としてあがってるのになんでこんな空気なのかと。

確かに基本は蝉を張るケースが多いですがサポ忍だとしても今までのようにサポ忍分で下がる係数よりも
シーフのジョブ特性として二刀流係数が下がる量が大きいのならアタッカーとして大幅強化だと言うこと。
90キャップでサポ忍で三段階の二刀流係数ダウンがあるため少なくともそれ以上の効果であると思います。
6月のVUで踊り子に二刀流が追加されました。
20,40,60,80レベルで強化され4段階まで効果が上がるので
シーフもこれと同じくらいにはなるんじゃないでしょうか。
モクシャに関しては全ての戦闘で与TP問題が付きまとうわけではないですし、
二刀流追加のタイミングでモクシャ自体が追加されるかもしれない。

アタッカー能力の伸びがどれくらいなのか自分でもニヤニヤしたいので
ちょっと計算してみます。

基本間隔=(メインウェポンの隔+サブウェポンの隔)×二刀流係数
素破の耳を装着しないケースはまずありえないため元の係数から-0.05した状態で計算

マンダウ(隔176)/キーラ(隔190)の場合

二刀流特性二段階 (176+190)×0.80=292.8
二刀流特性三段階 (176+190)×0.70=256.2
二刀流特性四段階 (176+190)×0.65=237.9

0.80/0.65ということで≒23%攻撃回数が増えることになります。

マンダウ(隔176)/にオーリックダガー(隔201 二刀流係数-0.05)の場合

二刀流特性二段階 (176+201)×0.75=282.75
二刀流特性三段階 (176+201)×0.65=245.05
二刀流特性四段階 (176+201)×0.60=226.2

こちらは25%攻撃回数アップ。

今までよりも2割以上も強くなってるということになります。
さらにシーフは胴にヘイスト+4%の装備があるためにヘイストを稼ぎやすいので
もし将来的に腰枠を使わずに合計ヘイストを25%や26%にもっていけるなら、
ヌスクサッシュを使用することでさらに係数が0.05減らせます、ムフフ。

とりあえず面白そうなのでブルタルから変えることでの手数ダウンを無視して、
サポ竜(ワイバーンピアス ヘイスト+5%)を使って
ヘイスト25%でマチマチヘイストもらった場合の攻撃感覚を計算してみます。
武器はオーリックを使用。

まず、基本の攻撃間隔が
(176+201)×0.55=207.35。
数字が長くなるとめんどいので端数を切り捨ててこれにヘイスト分を計算します。
マーチはめんどいのでマチマチで合計21%で計算。
装備ヘイスト25%+魔法ヘイスト15%+マチマチ21%=61%
207×0.39=80.73

片手0.67秒ほどで殴るスーパーアタッカーに。
アートマによってSTRが上げやすくてSV差分のボーナスが得られやすいアビセアだと
この攻撃回数はすごそう!
ただWS装備後の切り替えも時間の猶予がシビアになっていくので、
ヘカをなるべく使わない方向にシフトしていかないとロスがでかくなるかもしれませんね。
あ、あとサポ竜の場合はブルタルからの付け替えで損した気分にならないように複数回攻撃武器のが気が楽かもしれない。

ここまで書いて特性が一段階や二段階どまりだったら m9(^Д^)プギャーしてください!
そして認識されてる以上に踊り子はアタッカーとして強いと思いました。
[PR]
by demantoid444 | 2010-08-26 08:44 | シーフ